トップページ

2010年1月14日 (木)

西松違法献金 石川議員ら証拠隠滅か 強制捜査前後に資料搬出 (産経新聞)

 西松建設から民主党の小沢一郎幹事長側への違法献金事件に絡み、東京地検特捜部が昨年3月に強制捜査に着手した際、民主党の石川知裕衆院議員(36)らが、小沢氏の資金管理団体「陸山会」や石川氏の事務所にあった大量の書類を別の場所に運び出していたことが5日、関係者への取材で分かった。ゼネコンからの陳情書類など事件関係のものがあったという。石川氏側はこうした事実を全面否定しているが、特捜部は書類の内容や運び出しの時期から、証拠隠滅を図った可能性もあるとみているもようだ。

 特捜部は昨年3月3日、陸山会などが西松からの企業献金をダミーの政治団体から受けたとする政治資金規正法違反容疑で、陸山会会計責任者だった小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規被告(48)=公判中=を逮捕。東京・赤坂の陸山会の事務所を家宅捜索し、関係資料を押収した。

 特捜部はさらに、同月中旬以降、複数回にわたり、平成16年まで小沢氏の秘書で陸山会の会計事務担当だった石川氏を参考人として事情聴取した。

 関係者によると、石川氏や小沢氏の元秘書らは強制捜査が入る数時間前、陸山会の事務所から大量の書類を段ボール5箱に詰め、元秘書の車に保管。翌3月4日には東京・永田町の衆院議員会館の石川事務所にあった書類などをバッグに入れて、段ボール箱と一緒に別の場所に運んだという。

 運び出されたのは、西松や鹿島などゼネコンの営業担当者の名刺やゼネコンからの陳情書類などで、国発注の胆沢ダム(岩手県奥州市)工事に関する資料も含まれていたとみられる。

 検察側は昨年12月の大久保被告の初公判で、被告がゼネコンから陳情を受けて「天の声」を出し、献金を要求していたと指摘。被告が「おたくらが取った胆沢ダムは小沢ダムだ」と語ったとされる西松幹部の供述調書を読み上げていた。

 胆沢ダムをめぐっては、小沢氏側が16年と17年に水谷建設から工事受注の成功報酬として計1億円の裏献金を受けたとされる疑惑があり、特捜部は石川氏が関与した疑いがあるとみている。また、政治資金収支報告書に記載されていなかった陸山会の16年の土地購入費と裏献金疑惑との関連を調べている。

 書類運び出しについて、石川事務所は産経新聞の取材に「そのような事実はございません」と回答。裏献金疑惑については、石川氏が特捜部の任意聴取の際、否定したとされる。

【関連記事】
小沢氏に聴取要請 「陸山会」土地購入疑惑で東京地検
特捜部が小沢に“出頭要請” 不明「17億円」追及へ
東京地検、小沢氏に近く出頭要請 「陸山会」土地購入疑惑で聴取へ
土地購入疑惑 ゼネコン一斉聴取 大久保被告「小沢氏指示で探す」
4億円不記載で小沢氏の認識捜査 東京地検、任意聴取も検討 

イエモン祭り
すべらんなー
こう見えても、薬剤師なんです。
とある家庭教師のブログ
ひでゆきのブログ

トップページ

コメント

ち ん ぽ 貸 し た ら 10 万 く れ た
http://yahoosearch.me/ent/1hqmidc/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320882/32988109

この記事へのトラックバック一覧です: 西松違法献金 石川議員ら証拠隠滅か 強制捜査前後に資料搬出 (産経新聞):

トップページ

無料ブログはココログ